健康茶は、植物が原料のナチュラルな飲み物。

子供のためにも、できるだけ無添加のものを口にしたいというママさんでも安心して飲める健康茶は、母乳の出を良くするだけでなく、産後の体調管理のサポートにも役立ちます。

ここでは、母乳の出を良くする健康茶をランキング形式でご紹介し、ブレンド茶を選ぶメリットについても記載しています。

▼ 目次

1、母乳の出を良くするブレンド茶ランキング

1位、ママナチュレタンポポ茶 
2位、母なるおめぐみ
3位、たんぽぽ茶ブレンド

2、母乳の出改善のためにブレンド茶を選ぶメリット

2-1、ブレンドすることで効果が高まる
2-2、ブレンドすることで、味が良くなる
2-3、ブレンド茶は、副作用が起きにくい

3、母乳の出を改善する健康茶一覧

母乳の出を良くするブレンド茶ランキング


    1. ママナチュレ タンポポ茶

         

      価格 4.5
      成分 4.5
      味覚 4.0
      価格:当サイトからの申し込みで
      定期コースずっと50%OFF
      7,960円 ➡ 3,980円(税別)

       

      容量:
      粉末150g(約1ヶ月分)

      製造:アンビシャス

      使用しているお茶(原料):タンポポ茶ルイボスティー、ザクロエキス末、イソフラボン

       

      古くから、産後の女性に適したお茶として利用されてきた「タンポポ茶」。

      一般的な「タンポポ茶」は、茎や葉、花も含めた全草を干して煎じたものを使いますが、この「ママナチュレタンポポ茶」は、いちばん薬効が高い部位である ”根” を焙煎して作ってあるのが特徴です。

      タンポポの根には、T-1エキス、カリウム、タラキサステロール、ビタミン類、ミネラル類、鉄分など、非常に多くの有効成分が含まれていて、中でも、T-1エキスはホルモンバランスを整え、生殖ホルモン受容体を活性化させるので、不妊症や母乳の出を良くする効果があるとされています。

      加えて、女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンも含まれていることも、母乳育児をがんばる女性に適したブレンド茶だと言えます。

      また、「タンポポ」には、血流を改善し新陳代謝を促進する作用もあるため、妊娠中や授乳中の悩みに多い、むくみや貧血を改善にも効果的。

      この「ママナチュレタンポポ茶」は、タンポポ独特の苦みを和らげるために、「ルイボスティー」をブレンドしてあります。

      「ルイボスティー」の紅茶のようなコクと風味が加わり、とても飲みやすく仕上がっているだけでなく、「ルイボスティー」の高い抗酸化作用により、細胞の老化を防いで美肌作りも見込めるのが◎。

      管理人のレビュー

      母乳育児中ではないですが、「タンポポ茶」には美容効果やダイエット効果もあるため、試飲してみました。
      タンポポの苦みは全くなく、味は「ルイボスティー」とほぼ同じ。飲みやすいです。
      クセがないので、食事と一緒に飲んでもOK。もちろんノンカフェインなので、寝る前のリラックスタイムに旦那さまと一緒に飲むのもオススメですよ。

      ママナチュレタンポポ茶販売サイト 比較一覧

      当サイト、Amazon、楽天の価格等を比較してみました。

      当サイト Amazon 楽天
      価格(定期便) 3,980円 販売なし 販売なし
      通常価格 7,960円  6,980円  9,247円
      定期2回目以降 50%OFF

       



    1. 母なるおめぐみ

      ■■2

      価格 4.5
      成分 4.5
      味覚 4.0
      価格:当サイトからのご注文で66%OFF
      5,980円 ➡ 定期初回 1,980円(税込)

       

      容量:
      2g×30パック(約1ヶ月分)

      製造:サプリパーク

      使用しているお茶(原料):小豆茶トウモロコシのひげ茶タンポポ茶、西洋ハーブ数種類

       

      母乳を作るために欠かせない成分を豊富に含んだ「小豆茶」をベースに、むくみや便秘を解消する「トウモロコシのひげ茶」、ホルモンバランスを整える「タンポポ茶」、巡りを良くする西洋ハーブなどをブレンドした、まさに産後の女性のために作られた健康茶です。

      小豆には、授乳時に不足しがちな鉄分や、体のバランスを整えて細胞の再生に関わるビタミンB群などが豊富に含まれています。

      「母なるおめぐみ」を飲むことで、食事だけでは補いきれない栄養素を補うことが可能。

      そして小豆には、女性ホルモンの働きをサポートするイソフラボンも含まれているので、ホルモンバランスが乱れがちな産後の体調管理と、母乳の出を良くする効果を高めます。

      また、使われている「小豆茶」「トウモロコシのひげ茶」「タンポポ茶」はすべて、利尿作用や整腸作用に優れているので、むくみや便秘解消効果も期待できます。
      母乳の出改善だけでなく、産後のむくみや腸の詰まりを解消したい人に特に飲んでもらいたいブレンド茶です。

      管理人のレビュー

      「小豆茶」には、ワインの1.5~2倍ほどのポリフェノールが含まれ、肌のシワやシミ改善効果もあるため、私もよく飲んでいます。
      この「母なるおめぐみ」は、西洋ハーブが何種類もブレンドされていますが、薬草臭さはなくてスッキリとした味わい。
      焙煎した小豆の香ばしさがたまりません。

      母なるおめぐみ販売サイト 比較一覧

      当サイト、Amazon、楽天の価格等を比較してみました。

      当サイト Amazon 楽天
      初回価格(定期便) 1,980円 販売なし
      定期2回目以降 3,980円 販売なし
      通常価格 5,980円 4,429円 販売なし

       

      母なるおめぐみの詳細を見る



  1. タンポポ茶ブレンド

    価格 5.0
    成分 3.5
    味覚 4.0
    価格:当サイトからのご注文で
    お試しサイズ 730円(税込)
    1ヶ月分 2,370円(税込)

     

    容量:
    お試し(ポット用4gティーバッグ5)×2
       1ヶ月分(ポット用4gティーバッグ30)

    製造:ティーライフ

    使用しているお茶(原料):タンポポ茶黒豆茶、醗酵ギンネム(マメ科の植物)

     

    「タンポポ」には、ホルモンバランスを整えたり、血流改善して新陳代謝を高めたりする作用があるので、産後や授乳中の女性にピッタリなお茶。
    鉄分やミネラル類も豊富に含んでいるので、母乳を作る栄養素を補うことができるのです。
    また、利尿作用もあるので、産後のむくみ改善にも効果的。

    「タンポポ茶」と同じくホルモンバランスを整える働きがある「黒豆茶」と、鉄分豊富な「醗酵ギンネム」を加え、味に深みと甘みをプラスしたのがこの「タンポポ茶ブレンド」。

    「黒豆茶」は、女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンや、黒い皮部分に含まれる成分によって細胞の老化現象を防ぐため、母乳の出改善だけでなく美肌やアンチエイジングにも効果があるといわれています。

    「タンポポ茶」「黒豆茶」ともに血流改善作用があるので、母乳の出を良くする効果に加えて、冷え性の改善や、見た目の若々しさを求める人に最適なブレンド茶です。

    管理人のレビュー

    原料は3種類と少ないが、きちんと母乳の出を改善する成分を含んでいるので、効果は期待できます。
    黒豆茶の味が濃くて、香ばしさと甘みがあるのが特徴的。
    どこか懐かしさのあるホッとできるお茶です。

    タンポポ茶ブレンド販売サイト 比較一覧

    当サイト、Amazon、楽天の価格等を比較してみました。

    当サイト Amazon 楽天
    お試し価格 730円 販売なし 1,000円
    通常価格 2,370円
    プレゼント付 
    1,719円 1,719円
    返金保証

     

    たんぽぽ茶ブレンドの詳細を見る

母乳の出を良くするブレンド茶一覧

母乳の出改善のためにブレンド茶を選ぶメリット

ブレンド茶とは、複数の茶葉を混ぜて煮出したお茶のこと。

母乳の出をよくしたいなら、一種類の原料から作られたお茶ではなく、複数の茶葉・原料でできたお茶を選ぶべき理由は3つあります。

ブレンドすることで効果が高まる

妊娠、出産、産後の授乳期にわたり、女性の体内ではホルモンバランスが大きく変化します。
とくに、産後は、疲れやストレスが溜まることでバランスを崩しやすい時期。

母乳の出の良し悪しは、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンに大きく影響を受けるので、バランスを崩してそれらの分泌が弱まることによって、母乳が充分に生産されなくなることも多々あります。

副作用なく、ホルモンバランスを整えるには、自然の植物から作られた健康茶が最適。
自律神経系に作用してホルモンバランスを整える効果が、研究や実験によって証明されている健康茶はたくさんあります。

ホルモンバランスを整える作用のあるお茶は、「タンポポ茶」や「小豆茶」「黒豆茶」などが有名です。

 

それから、母乳の出を安定させるためには、血液やリンパなど体液の巡りを良くすることも重要。
母乳は血液からできているので、血流が悪いと母乳がうまく生産されず、母乳の出が悪くなるのです。
産後の悩みに多い冷え性やむくみも、血流が悪いことが大きな原因といわれています。

なので、授乳中は、血液成分を改善して血の巡りをよくする効果のあるお茶をホットで飲み、体を温めることが大切。

つまり、母乳の出を良くするためには、”ホルモンバランスを整える茶” と ”巡りを良くする茶” の少なくても2種類のお茶が配合されたブレンド茶がベストというわけです。

 

子供を母乳で育てるということは、我が身を削る無償の愛がなければできないことです。
とくに授乳中のママは、自分のことよりまず赤ちゃんのことが最優先となる時期だと思います。ですが、ママが元気であってこそ赤ちゃんはすくすくと育つもの。

「赤ちゃんのために母乳を出さなければ」という力みは余計なストレスを生み、ママと赤ちゃんの関係にとってプラスになりません。

時には自分の体の声を聞き、自分のために健康茶を飲んでみてはどうでしょうか。それは、結果的に赤ちゃんのためにもなるはずです。

ブレンドすることで、味が良くなる

1つの原料から作られた健康茶には、効能は大きいけれど味にクセがあったり、苦みが強かったりして飲みにくいものも多くありますが、ブレンド茶はそのほとんどが飲みやすく、どんな人の味覚にも合うように作られているのが特徴。

 

例を挙げると、母乳の出を良くすることで有名な「タンポポ茶」。

「タンポポ茶」は古くから世界各国で民間療法として飲用されてきた歴史ある健康茶ですが、単体で飲むとかなり苦みがあり飲みにくいのが欠点。

そこで、「タンポポ茶」と同じくホルモンバランスを整える作用がある「黒豆茶」や、老化を防いでアレルギー抑制効果もある「ルイボスティー」などをブレンドすることで、タンポポ特有の苦みが緩和されて、誰でも飲みやすいお茶に仕上がるのです。

お茶は嗜好品なので、どんなに効能が大きかろうと、美味しくなければ飲み続けることは難しいもの。
日本人の味覚に合うように作られたブレンド茶は、美味しくて、しかも有効成分がきちんと含まれているので、費用対効果も優れた健康飲料と言えます。

ブレンド茶は、副作用が起きにくい

これは、お茶の原料となる植物の薬効の問題ですが、一つの原料から作られたお茶を飲み続けると副作用も起きやすくなるので、注意が必要です。

例えば、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をするイソフラボンを豊富に含む「黒豆茶」。
管理人は一時期、美肌効果をねらって「黒豆茶」を毎日500ml飲み続けていたら、ホルモンバランスが崩れて生理不順になったことがあります。

お茶といえども、長く飲み続けることでクスリと同様の効果が現れることもあるのです。

人によって体質や代謝の違いもあるので一概には言えませんが、副作用を心配するならば、いろいろな成分がバランスよく含まれているブレンド茶をおすすめします。

母乳の出を改善する健康茶一覧

母乳の産出を促進する効果のある、ホルモンバランスを整えるお茶や、血の巡りを改善するお茶をまとめました。

ア行

お茶の種類 期待できる効能
 小豆茶  アンチエイジング、むくみ解消、便秘改善、美肌、貧血改善、高血圧予防、疲労回復

タ行

お茶の種類 期待できる効能
たんぽぽ茶 母乳の出改善、むくみ解消、不妊改善、生理痛・生理不順改善、膀胱炎改善、肝機能向上、ダイエット

ハ行

お茶の種類 期待できる効能
フェヌグリークティー 母乳の出を良くする、胃腸病予防、胃もたれ改善、胃炎改善、便秘・下痢改善、高血圧改善、糖尿病予防、心臓病予防、関節炎・リウマチ緩和、食欲増進
フェンネルティー 生理痛改善、生理周期を整える、母乳の分泌促進、更年期症状緩和、骨粗しょう症予防、関節炎緩和、消化促進、胃腸病予防、腸のガスを排出、むくみ解消、口臭改善、高血圧改善、動脈硬化・ガン予防

ラ行

お茶の種類 期待できる効能
ラズベリーリーフティー  不妊症改善、安産効果、母乳の出改善、ダイエット、リウマチ改善、のどの痛み解消、つわり改善、ガン予防