認知症・痴呆症に効果的な健康茶ランキング

Check  Point

 堂々の第一位「イチョウ葉茶」。脳の血流を良くする作用や血栓溶解作用がある有効成分が、脳の血流が悪いために起こる認知症や痴呆症、アルツハイマーなどに効果的とされています。ヨーロッパでは、医薬品として認定され、医療現場でも使われているほど薬効高い成分です。
細胞の老化を防ぐ抗酸化力が高い「明日葉茶」は、血液中に酸素を大量に供給し、新陳代謝を高めるので、脳の活性化に効果を発揮します。
ビタミンEも、細胞の老化を防ぐと言われていますが、「明日葉茶」にはビタミンEの数百倍の抗酸化力を持つ成分が含まれているのです。
「杜仲茶」に含まれる成分には、学習能力の向上、記憶力の低下を防止する働きがあることが、東京大学・京都大学研究グループの報告により確認されています。高齢者の認知症予防だけでなく、子供の学習能力アップなどの効果も期待できます。

 

↓ 脳疾患予防には血流改善が必須。
ダイエットしながら血の巡りを良くするブレンド茶はこれ。

⇒ メタボメ茶の詳細情報を見る

⇒「メタボメ茶で血液サラサラになった体験談」の記事へ

【イチョウ葉茶・明日葉茶・杜仲茶】認知症・痴呆症に効く有効成分一覧

活性酸素除去作用 血流改善作用 血栓溶解作用
イチョウ葉茶 フラボノイド  〇
イチョウ葉茶 ギンコライド  〇
明日葉茶 有機ゲルマニウム  〇
明日葉茶 ビタミンB12
杜仲茶 ゲニポシド酸
杜仲茶 イリドイド化合物  〇(抗疲労作用)